SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
沈まぬ月


今回の依頼の報告を終えて。
言葉少なに挨拶の言葉を交わし、重い足取りでそれぞれの場所へと戻っていく。
私の顔にも浮かんでいるのは皆と同じだろうか。
苦い後悔と届かぬ謝罪と…力の足りぬ己への怒りと。






続きを読む >>


| 依頼報告 | 05:15 | - | - | |
黄昏の月(12/14)


(自己満足で超長いです。幾人かのご友人様の嬉しかった言葉とかぼかして書かせていただきました。いつも皆様本当にありがとうございます!しばらくしたら12月に下げます)

(…カタタン、タタン…)

規則正しく電車に揺られながらぼんやりと足元の黒い影を眺める。
紅い髪のリリスの依頼を終え、身体は泥のように重いというのに意識ばかりがはっきりしていて、帰宅までのわずかな間も眠りに落ちることもできそうにない。

自宅のある終点に近くなれば乗客もまばらになり、立つ人もほとんどいない。
重い疲労に振り向こうとも思えぬ背後の窓からは、夕陽が沈みゆく海が見えるはず。
闇に閉ざされる最後の瞬間をあがくかのように、世界が、車両内が鮮やかな朱に染め上げられる。

そろりと左腕に巻いた包帯を指先でなぞった。

周囲と同じに紅く染まったそこには、本来ならば容易く治せる傷。けれども治癒を断ったゆえに、そこには、じん、とした熱と痛みが傷の存在を主張する。
その熱と対照的な、触れる右手の指先の冷たさが心地よい。

この傷は―あの小さき凶がこの世に残した最後の傷。

終点まではもう少し。車両の揺れに身を任せて瞳をゆっくりと伏せた。

(…カタタン、タタン…)


続きを読む >>


| 依頼報告 | 20:44 | comments(0) | - | |
任侠&マフィアチーム


ちょっと前の話だがネタチームで黙示録に参加した。

寅靖の誘いで任侠&マフィアで
寅靖、剛一、聖雪、私の4人♪




続きを読む >>


| 依頼報告 | 13:04 | comments(3) | - | |
仁奈森キャンパス3年2組黙示録


今年の私のクラスは仁奈森キャンパス3年2組。
クラスの授業中や休み時間(終業後は結社とバイトで手一杯なんで)だけじゃなくて、もっと話しをしてみたくなった人達が出来た。
黙示録中心に参加できる結社があることを聞いて、今回想いきってそんな奴らを誘ってみることにした。
誘いに付き合ってくれた、羽杜、天羽、眞琴には大感謝!なんだぜ!

黙示録結果
第31回:三年二組神風特攻隊!
     黙示録1勝/BC1勝
第32回:三年二組神風特攻隊!
     黙示録3勝/BC1勝
第33回:三年二組破軍組!
     黙示録2勝/BC1勝
第34回:三年二組破軍組!
     黙示録1勝/BC0勝



続きを読む >>


| 依頼報告 | 10:29 | comments(4) | - | |
楽しい記憶


(大好きな後輩さんへの愛で…長文ですいませ…(吐血))

思い出の祭りの二つ目は

千勢と出かけた山の頂上で見た花火


山の頂上で花火を見るイベントは夕方出発。
弁当持参が約束だ。私の少ないレパートリーでは選びようもなく…担当はお握り。
せめて心を篭めて作ったそれを、背負い袋につめ聖雪と朔に見送られて家を出発した。



続きを読む >>


| 依頼報告 | 03:46 | comments(0) | - | |
| 1/2P | >>