SELECTED ENTRIES
ABOUT
CATEGORIES
COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
OTHERS
SPONSORED
<< 独り言 | main | 青空 >>
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています





| - | | - | - | |
兎とジャムとアップルパイ


(さりげないお言葉が嬉しかったので…。ありがとうございました。問題あれば速攻削除いたします)

朽ちて崩れかけたショッピングモールを抜けて外に出た。

闇の深い場所から開放されて見上げた空は、冷えた空気に比例して多くの星が見える。解けた緊張に大きく吐きだした息は、薄く白く浮き上がった。
身体を包みこむのは既に冬の空気だ。ふるりと肩が震えた。

夜も更けて、言葉を交わしたあとに皆に別れを告げて自宅へと向かうべく駅へと足を向けた。その背後から、名を呼ぶ声と軽い足音が追いかけてくるのに気づき足を止めて振り返る。
そこで手渡されたのはいくつかの詠唱兵器と…、いくつかの林檎。

「…依頼もありますけど、ちゃんとユックリ休んでくださいねぇ?」

差し出された林檎に瞳を瞬く。
重く感じる身体に、いつから気づかれていたのだろうか。
はい、と手渡されて今は手の上にある林檎達は、ショッピングモールを共に駆け抜けてきたのかと思えば、小さく笑いに肩が揺れた。
声の主がどうしたのかと怪訝そうに首をかしげるのに、なんでもないと首を振る。
それよりも。
間延びした声と向けられる視線に滲む気遣いに、甘い林檎の香りとあいまって胸の奥がくすぐったい。

「…ありがとう、な?」

くすぐったさに浮かぶ笑みのまま礼を告げて、自宅へ向かった。
胸の内は暖かくても、いつもより重い足取りも時折震える身体も休むべき前兆なのだと自分でもわかった。



◆◆◆

「今日はお休みですね」

翌朝。
測り終えた体温計を手にベッドの傍らに立つ聖雪に、にっこりと言い切られた。
ベッドの上に座って、薬を飲めば大丈夫とか、体温計の値ほどは体調は悪くないのだとか。自分でもあまり説得力はないと思う言葉を重ねて食い下がってみた。
授業は受験に向けての対策や自習も増えて、さして差し迫ったものはないのだけれど。

「今日は、お休みしましょう。
 …依頼が気になるのもわかりますが…まずは身体が大事ですよ。
 …ね?円さん?」

柔らかく笑む緑の瞳にと声に、気遣いが滲んでいて。
昨日の柔らかな口調と重なる。

「…うん…」

気遣う優しい言葉に、逆らえるはずなどない。
自分でも無理をすれば返って周囲に心配と迷惑を掛けるだろうことはわかってはいた。頷いて素直にベッドへと身を横たえる。気持ちよりもよほど正直な身体が、安堵に熱の篭る息を零した。
お水とお薬はここにおいておきますね。お食事は暖めれば食べれるようにしてありますから…と細々と世話を焼いて、聖雪は学校へと出かけていった。
朔は数日前から帰郷中。今は家には私ともなかがいるだけだ。日中、もなかはほとんど朔の部屋から出ては来ない。

1人の部屋に時計の音と波の音ばかりが響く。

窓から差し込む日差しは弱く今日の天気は曇りだと教えてくれる。
熱の篭るため息をひとつついてころりとベッドの上で身体の向きを変えた。

目に入るのは11月のカレンダー。赤い印がついた29日は依頼出発の日。

まだ、あのリリスへの答えを明確には持てずにいる。この焦りは、その所為もあるのだろうか。
放り出した手を意味もなく握りこむ。

手の中には何もない。

慌しい日常で、この手に何かをつかむことができたら何かの答えを見つ出すことも出来たのだろうか。
教室の片隅で言葉を交わした依頼の仲間達の顔が頭をよぎる。しっかりしろ、と自分に言い聞かせる。足手まといには、なりたくない。今の自分に出来ることは、体調を整え充分な話し合いと戦いに備えることだ。

先ほど飲んだ薬の所為かとろとろと意識は眠りへと落ちてゆく。
29日の次は、30日。…11月の終わり。
視線を移せばサイドテーブルには昨夜のままに鮮やかな林檎の紅。
瞳を伏せる。

傍らに置いた林檎の甘い匂いばかりが優しくてなぜだか酷く切なかった。


◆◆◆

「よほど林檎が好きなんだと想ったんですよ」

ぐっすりと眠って。
甘い匂いに目を醒ませば―買い足され更に数を増やした林檎の山。
やや紅い顔で山ほどの林檎の理由を説明する聖雪に、笑いを堪えつつ頷く。

「…うん、…大好きになったなぁ?」

甘い匂いの林檎達は休みの日には姿を変える。

兎とジャムとアップルパイ。

優しい想いをその中に閉じ込めて。


| 日記&SS | 22:10 | comments(2) | - | |
スポンサーサイト






| - | 22:10 | - | - | |

(わたわた)り、リンゴは食べるとお医者様要らずなのです!はい!(照)

……我乍ら当分リンゴジャムとアップルパイには困らないのです(もっさもさ食べている・笑)
| 聖雪 | 2007/12/03 12:24 AM |
うん。子供の頃はすりおろし林檎が定番だったもんな!(笑いを堪えつつ)

それにしても聖雪は和洋いけるんだな…
もしかして中華もいける??

アップルパイもだけど
朝の林檎ジャムもお気に入りなんだぜ!
ありがとな♪

…私もいつか料理上手になりたいぜ…(遠い目)
| 円 | 2007/12/03 4:18 PM |